2012年07月27日

ヘアマニキュアとヘアカラー

一緒だと思っている人が多い
この2つのカラーリング。

実は方法や仕上がりに違いがあるんです。


ヘアカラーとは一般的に
「アルカリヘアカラー」を指します。

これは、髪のメラニン色素を分解して
脱色しながら髪の内側に染料を染み込ませて
定着させるため、
色持ち、発色がいいのが特徴です。


一方、ヘアマニキュアはメラニン色素を分解せず
染料を浸透、定着させていきます。

つまり、髪本来の色は変えずに、
カラーで髪の表面をコートすること。

ヘアカラーに比べて色落ちしやすいのですが、
髪が傷みにくく、紫外線からのダメージを
抑えられるというメリットがあります。

ヘアサロンでカラーリングする際は、
髪のダメージ度や色味などと合わせて
スタイリストさんと相談しましょう。


ちなみん、ブリーチはメラニン色素を分解して
脱色すること。

髪に少なからずダメージを与えてしまうので、
ブリーチ後は、入念にトリートメントをして、
ダメージケアを万全に。


posted by 水曜日ヘアサロン at 16:25| Comment(0) | ヘアメニューの違いをチェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。